結婚の挙式をする

神前式

より良く和装写真を撮影する方法

現在結婚式を行なう女性の約9割が、和装ではなくウェディングドレスで挙式する事が分かっています。女性がウェディングドレスを着用する理由は多様に存在していますが、その大きな理由に「動きやすさ」が挙げられます。現代を生きる日本人は日常的に洋装を着用していますので、美しい所作を維持する場合、洋装の方が慣れているのです。一方和装は日本伝統の結婚衣装ですから、和装で結婚式の写真を残したい場合、前撮り写真で撮影するようにしましょう。前撮り写真であれば、時間に余裕を持って落ち着いた空間で和装写真を撮影する事ができます。前撮り写真を撮影する場合、参列者を呼ぶ必要がありませんので、ご夫婦で納得行くまで撮影する事ができるのです。

前撮り写真の利用方法

和装で前撮り写真を撮影する場合、スタジオ写真だけでなく和装に似合うロケーション写真を撮影するご夫婦が増えています。日本伝統の神社仏閣だけでなく、植物をバックに、雑誌のグラビア写真のような一枚を撮影できるのです。こうした前撮り写真を撮影すれば、入籍した季節を感じられる写真を残す事ができます。近年ではこうした前撮り写真を結婚式のウェルカムボードに使用するご夫婦も増えています。式当日に着用する衣装以外の姿を見せたい場合、こうした写真を使用するようにしましょう。近年では結婚式の中でお色直しを控えるご夫婦が増えています。一方、前撮り写真を撮影すれば、あまり費用をかけず多様な姿を見て頂く事ができます。こうした取り組みは、参列者をお色直しの間待たせないためにも重要です。